ジャックポットシティ(Jackpot City)の安全性についてはこちらから。



安全性

安全性

 

東京オリンピックに向けて浸透するカジノ

ジャックポットシティ(Jackpot City)が本当に安全なのかどうかについて、今回徹底検証を行っていきます。そもそも日本国内において、オンラインカジノという言葉はまだまだ馴染みが薄く、何だか胡散臭いイメージがあります。しかし、2020年に開催される東京オリンピックに向けてカジノ誘致の話も本格的に進み始めてきているため、カジノと言う言葉自体は徐々に浸透してきているのも事実です。

 

1998年運営開始の老舗カジノ

ジャックポットシティ(Jackpot City)は、オンラインカジノ黎明期の1998年に運営開始して長くに渡って君臨し続けている老舗のオンラインカジノで、現在15ヶ国以上の言語に対応しており、ゲームの種類は約400以上もあります。そのため、信頼性は間違いなく抜群と言えます。

 

オンラインカジノは実際のところ違法なのか

立派な合法ギャンブル

ネット上ではオンラインカジノが犯罪ではないかという内容の記事が度々見受けられることがあります。しかし、オンラインカジノは立派な合法ギャンブルです。何故ならオンラインカジノのライセンス自体はギャンブルが認められている国や地域で取得されており、それらのサイトの管理を行っているサーバーはその国や地域で運営されています。日本の賭博罪においては、国外犯に対して基本的に適用が無いのが現状で、日本人が国外で管理を行っているサーバー上でオンラインカジノをプレイしたとしていても、基本的に罰せられません。

 

オンラインカジノのペイアウト率は高い

ペイアウト率の重要性

ギャンブルにおけるペイアウト率(=ベットした金額に対して、回収できる平均金額を算出したパーセンテージ)をそれぞれ比べると、競馬約75%、パチンコ約80%、宝くじ約45%です。それと比較し、ジャックポットシティ(Jackpot City)は、ペイアウト率が97〜98%あり、数あるオンラインカジノサイトの中でトップクラスの還元率を誇ります。例えば、1万円をパチンコの台に投入するとその時点で、価値は8,000円まで下がってしまうとすると、同カジノは9,800円程度にしかならないので、他のギャンブルと比較をすると明らかに勝率が高いのがおわかり頂けるでしょう。

 

マイクロゲーミング社がサイトを管理運営

業界大手のソフトウェア会社

ジャックポットシティ(Jackpot City)のゲームのソフトウェアの管理運営を行っているのは、オンラインカジノ業界でも名高いソフトウェア会社である「マイクロゲーミング社」です。プレイテック社とともに、二分を分かつ存在として業界に君臨しており世界的な知名度を誇ります。その高度なソフトウェア技術は、ラスベガスやマカオなど本場のランドカジノでも採用されている程です。


トップページ ゲームプレイ 登録方法 入出金方法 ボーナス 会社情報